長野県立御嶽山ビジターセンターやまテラス王滝

火山防災情報と
歴史・文化・自然の
魅力を伝える
火山と自然の情報館

やまテラス王滝の紹介

やまテラス王滝 やまテラス王滝

標高2,190mにある「火山と自然の情報館」

御嶽山王滝口の七合目、現在の王滝登山口にあるのが長野県立御嶽山ビジターセンター「やまテラス王滝」です。平成26年の噴火災害を契機として設置された施設で、活火山である御嶽山に登る前には火山活動や規制の状況を確認しながら登山計画書を提出する場になり、下山後には一休みして山を振り返る場になります。また、現地は全国的にも数少ない標高2,000mを超えるところまで自動車で行ける場所で、センターでは周辺に生息する動植物の紹介を通じて県立自然公園の魅力をお知らせしています。周辺の散策とセンターでの学びを織り交ぜながら、亜高山帯の自然をお楽しみください。

御嶽山は古くから信仰の山とされてきました。江戸時代からは一般の人々も登拝するようになり、山麓の村は全国から訪れる人々で賑わいました。御嶽山と共に歩んできた地元の歴史と文化の一端も紹介しています。

アクセス情報

住所
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村田の原3162
営業時間
7:00~16:00
駐車場
99台
Wi-Fi
有り
対応言語
日本語
入館料
無料